2008年03月12日

アビ13歳


今日はなんと、アビの13歳の誕生日バースデーです猫(足)
人間も年を取っていくと自分の誕生日を忘れがちですが、アビの誕生日もすっかり忘れられておりましたあせあせ(飛び散る汗)顔(え〜ん)
お友達から「HAPPY BIRTHDAY アビ黒ハート」のメールmail toを頂いて、思い出した始末ふらふら

MAKOに『今日そういえばアビの誕生日だったよダッシュ(走り出すさま)
と言うと『あぁ〜・・・』で会話終了しちゃいました(~_~;)

DSCF0809.jpg
でもGood
思い出した以上はもちろん、お祝いしますですよ〜わーい(嬉しい顔)
食いしん坊アビへの誕生日は食べ物が一番exclamation×2ぴかぴか(新しい)
今回も、猫缶まるごと一気食いがプレゼントです揺れるハート
可愛いかな?と思って、ノンのスヌードを貸してもらったけど・・・やっぱブカブカでダメですねあせあせ(飛び散る汗)

今日は特別にテーブルの上にあげられたアビ猫(笑)
でも、いつもは乗っかると「コラどんっ(衝撃)」って怒られる場所なので、アビはドギマギして、すぐにテーブルから降りたがります。誰もいないとこっそり乗っかってるクセにね〜顔(イヒヒ)



DSCF0812.jpg
さあ、お皿に中身を盛り付けて、ついでにローソクを立ててあげましたひらめき
もちろん吹き消すのは私の役目〜顔(笑)(意味なし?)

足元には猫缶のいいニオイを嗅ぎつけたマリーが狂ったようにウロウロしていて、テーブルに必死でよじ登ろうとしております顔(イヒヒ)
そのマリーを振り払って落とし、
『さ、アビ、今のうちに食べちゃって〜わーい(嬉しい顔)



DSCF0815.jpg
はぐはぐ。。はぐはぐ。。。

美味しそうに、猫缶にかぶりつくアビの食べる音わーい(嬉しい顔)
うん、元気な音です揺れるハート
13歳なんて信じられないくらい、元気なアビですあせあせ(飛び散る汗)
もうアビじいちゃんですよねるんるん

とにもかくにも、また一冬越せて何よりでした。また1年健康で頑張るんだよ〜猫(笑)猫(足)





ニックネーム TOMO at 22:16 | TrackBack(0) | アビ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月07日

カイカイ


DSCF0253.jpg
いつものことながら、アビのカイカイがひどくなってエリザベスカラーをつけているのですが、治らずにすでに3ヶ月以上もたっていますバッド(下向き矢印)
最初は頭の上や首筋や背中を掻き崩したので、カラーをつけたのですが、そのカラーのストレスから今度は首を伸ばして舐めれる範囲を舐めまくり始めるのでしたむかっ(怒り)
そして、今は右の足首と付け根付近を「舐め」崩しておりますバッド(下向き矢印)

毎朝、血が吹き出ているので、患部を消毒してティッシュで拭いて〜あせあせ(飛び散る汗) もちろん潰れた耳掃除もして・・・。
それでも、治りません。カラーをつけているのに器用に舐めまくっています。血はソファや床などにテンテンとついて、それも拭く毎日。
新しいペット用ベッドや座布団はアビが座ると、一瞬にしてデロデロに汚れ・・・むかっ(怒り)、それにイラだつ私バッド(下向き矢印)
私もだんだん、キレてきて、「もう、どうなってもいいから、勝手にすればexclamation&questionどんっ(衝撃)ちっ(怒った顔)と怒鳴ったり、舐めている現場を見たら思わず体を叩いちゃったりして、なかなか優しくなれない状況になってしまうのです顔(汗)

ここ最近、寒いので眠る時間になると寝室に来ては「布団に入れてくださいニャー猫(泣)」とくるのですが、ノンとマリーは布団の中、グレンもたまに布団に入ってきている時でも、アビだけは「あっちへ行きなさいexclamation×2」と追い返す私あせあせ(飛び散る汗)
このデロデロ足じゃあ、布団に入れられません顔(え〜ん)
でも、可愛そうになって、一階のコタツのスイッチを入れて、その中に入らせてあげたら、ゴロゴロと喜んでおりました。

ああ・・・自己嫌悪顔(なに〜)




DSCF0255.jpg
足の舐め傷のアップです。だいぶ良くなってきて血も止まっているし、毛がところどころ生えてきました。
ひどいときは、一面が毛が抜けて肉色だったので、相当気持ち悪かったですふらふら
こういう傷が、アビの場合、いたるところに出来るんですよね。首筋だったり、頭の上だったりわき腹だったり。
カラーをしないで放っておくと、肉の部分を更に掻いたり舐めたりして、文字どおり皮膚に「穴」が空くのです顔(なに〜)
猫の場合、毛皮の下に真皮があるので、毛皮に穴が空いたとき、ある程度血が止まったら、穴の部分に指を入れることができるんですよ顔(なに〜) 

アビは数年前に一度、首筋に穴が空きました。そのとき、穴は当然縫ってカラーもしたんですけど、器用に何度も掻きまくって、布キレが破けるようにまた穴がほつれ、また縫って、またほつれを繰り返し、1回縫うごとにかかる費用も安くはない。。
医者に「申し訳ないけど、このままだと、この部分からばい菌が入って感染症になるから、手段がなくなります」と途方にくれたように言われました。
落ち込んで、家に連れて帰って、緊張状態で常に見張っているつもりなのに、私の目を盗んで首を掻き、せっかく縫い直してもらった傷がまたもやほつれたのを知ったときには、涙が出て宙に向かって叫び声をあげてしまいましたがく〜(落胆した顔) 
その時に「安楽死」を考えちゃったんですよね〜(-_-;) もう金銭的にも辛くて精神的にも疲弊しちゃってバッド(下向き矢印)顔(汗) いっぱいいっぱいになってしまって。。自分で決めて飼ったのに、ダメダメな飼い主まっしぐら状態でしたバッド(下向き矢印) とはいえ、考えただけで実際には実行するつもりにはならなかったけど、「死んでくれたらラクになる」と思ったのは確かです(-_-;)

でも、医者に「皮膚も何度も縫い直して損傷が激しいから、これが最後と思ってください」と宣告されて4回目に縫い直して、薬の種類を変えたら、なんとかふさがったんです顔(泣)
アビのためにも、自分のためにも、本当にホっとしたっけあせあせ(飛び散る汗)

だから、二度と「穴」が空くまでにならないよう、カイカイが始まったら、ストレスだろうけれどすぐにエリザベスカラーをつけてしまう私なのでした顔(え〜ん)



DSCF0256.jpg
ももの付け根あたりの新たな舐め傷です。
これは、いつものコトで、たいしたことないって思える傷ですねダッシュ(走り出すさま)



DSCF0263a.jpg
早く治ってくれ〜、アビさんよ顔(汗)


ニックネーム TOMO at 08:24| Comment(22) | TrackBack(0) | アビ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月29日

つちのこアビ

3泊四日の旅行のため、自動餌やり機を用意して行った私たち目

3匹分の機械を置いていきましたが、ちゃんとそれぞれが適した量を食べているのか・・と心配していましたあせあせ(飛び散る汗)

誰かが食いっぱぐれてないか?
誰かが食べ過ぎてないか?

さて。
帰宅してみると、自動餌やり機は故障もなく作動しており、用意してあったカリカリは全部綺麗になくなっていました手(チョキ)
ヨシヨシるんるん

そして、アビとグレンとマリーの身体チェック開始〜猫(笑)
マリーは少し顔が丸くなったようで、ちょっと食べ過ぎたかも。
グレンは体型が変わってないから、適した量を食べていたわね、うんGood

ん?目
んん?がく〜(落胆した顔)
がーーーーん顔(なに〜)




DSCF9426.jpg
触って確かめるまでもなく、アビがツチノコみたいに体が太く変貌しておりましたがく〜(落胆した顔)
体を持ってみると、ずどーーーんどんっ(衝撃)と重いふらふら

こいつ・・・ご飯を二倍くらい食いやがったわねええ〜〜むかっ(怒り)ちっ(怒った顔)




DSCF9431.jpg
上半身はそうでもないのに、腰から下がずどーーーーんとデブっていますがく〜(落胆した顔) 
やば〜いあせあせ(飛び散る汗) 太りすぎやんけっどんっ(衝撃)
(関係ないですが写真左上のクッションのノン顔が妙に怖いですねあせあせ(飛び散る汗)あせあせ(飛び散る汗)

そんなわけで、アビの体重を怖くてはかれない私なのでした・・・もうやだ〜(悲しい顔)
ニックネーム TOMO at 20:49| Comment(6) | TrackBack(0) | アビ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月12日

12歳になりました


DSCF1546.jpg
今日はアビの12歳の誕生日ですイベント

HAPPY BIRTHDAY アビ〜〜!バースデー

それにしても、12歳・・う〜ん、良くぞここまで元気でいてくれたなあ〜ぴかぴか(新しい)と、しみじみしちゃいましたわーい(嬉しい顔)
特に何も用意はしていないのだけど顔(ペロッ)
以前、北海道へ帰省したときに、りかさんから頂いたササミのオヤツエサ
特別な時までとっておいたので、今こそ、これを食べさせる時ですプレゼント

でも・・・目
「アビ〜、ほら、オヤツだよ!おいでよ〜」と呼んでも、耳掃除だと思って警戒して猫タワーから降りてこない顔(汗)



DSCF1547.jpg DSCF1548.jpg
仕方なく、ササミのオヤツを猫タワーにいるアビに見せました。ひらめき
どうやら、本物のオヤツタイムだってこと、理解してくれた様子顔(イヒヒ)



DSCF1554.jpg DSCF1555.jpg
袋から取り出して、ササミをお皿に開けると、勢い良くタワーから降りてきましたよ猫(笑)
何故か、ノン犬(笑)まで興奮してまとわりついてくるし〜顔(え〜ん)
(しかも、ノンが吠えてウルサイ顔(なに〜)

そんなノンを無視しつつ、主役のアビを椅子に座らせてお誕生日会開始Good
(余計な子まで椅子に飛び乗ってきてますけど、無視、無視顔(汗)
山盛りササミにロウソクを立てました〜わーい(嬉しい顔)



DSCF1556.jpg
電気を消して〜ぴかぴか(新しい)
アビ〜、12歳おめでとう顔(メロメロ)
頑張って、健康でいてね猫(笑) 
そして、毎日に耳掃除はイヤだろうけど、我慢してね顔(ペロッ)

しかし、ノンがフライングして食おうとするし、私は大慌てでササミの皿を取り上げましたよ〜あせあせ(飛び散る汗)



DSCF1560.jpg
改めまして〜、主役のアビくんでーす顔(笑)
主役の証に、首にピンクの首飾りをつけてみました黒ハート



DSCF1561.jpg
ササミはアビとグレンにあげるつもりだったのですが、ノンが異常にオネダリし続けるので、根負けして、ノンにもあげることに犬(泣)
(一応、ノンのササミは一番少なくしてありますGood

お皿を3つ並べて、「待て!」と号令をかけました犬猫



DSCF1562.jpg

「ヨシ!」

と言ったら、グレンとノンはガツガツ食い始めたのに〜、主役のアビが食べようとしません顔(え〜ん)
食いしん坊のアビはいつも、台所とかゴミ箱、テーブルの上を漁って何かを食べているとき、私たちにひどく叱られるので、いつものご飯場所以外のところでは、ビクビクして食べれないんですよね顔(汗)

まごまごしていたら、アビのお皿のササミにノンが素早くかぶりつきました顔(なに〜)
「わー!」とか「キャー!」とか叫びつつ、必死でアビのお皿を守った私あせあせ(飛び散る汗)



DSCF1563.jpg
仕方なく、アビのお皿はいつものご飯場所へと移動〜ダッシュ(走り出すさま)

ここなら、ゆっくり食べれるよねわーい(嬉しい顔)
やっと、ササミにありつけた、主役のアビなのでした猫(笑)

美味しそうに、ペロリと完食していましたよるんるん
良かったね〜アビちゃんバースデー



ニックネーム TOMO at 21:51| Comment(12) | TrackBack(0) | アビ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月14日

何故そんな場所に。


パソコンしていたら、何やら後ろからガサゴソガサゴソ聞こえてきた目耳
振り返っても誰もいない?
しばらくすると、またガサゴソガサゴソ耳
なんだ〜?
立ち上がって音のするほうをよく見てみると・・・・exclamation

DSCF0978.jpg

exclamation&question
アビじゃんexclamation目
アンタ・・・そこ・・・・。




DSCF0977.jpg

収納ケースの中じゃんexclamation顔(なに〜)

速攻、引き出しを閉めて閉じ込め・・・じゃなくて、
アビを引っ張りだして、引き出しを閉めたのは言うまでもありません顔(汗)

最近こんな狭いところに入ること、めったになかったので、びっくりしましたあせあせ(飛び散る汗) 
やっぱり、いくつになっても狭い場所は大好きなんですねえ〜猫(笑)
引き出しの中から顔を出している目がらんらんとして、生き生きしていたような気がして笑ってしまいましたわーい(嬉しい顔)
ニックネーム TOMO at 23:37| Comment(8) | TrackBack(0) | アビ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月04日

アビのケアタイム


DSCF0833.JPG
今日はアビちゃんが毎朝毎晩、TOMOにされているお手入れの様子を紹介しますよGood
アビはお手入れが大嫌い顔(なに〜)ですが、姿を消していても『ご飯だよ〜るんるん
と言うと、すぐに食事場所へ現れます猫(笑)
ちなみにアビの食事場所はココ。缶・ビンのゴミ・の上〜顔(ペロッ)
食いしん坊だから、すぐに騙されるんですよね〜顔(イヒヒ)


DSCF0835.JPG
簡単にアビをひっつかまえて、膝の上に乗せ、まずはお耳掃遜から始めますパンチ
耳血腫で耳が変形して穴がほとんど塞がっているから通気性が悪くてすぐにじゅくじゅくしちゃうんです顔(え〜ん)
だから、耳掃遜は朝晩やらなければいけません顔(汗)
それでも痒くなって掻いているせいか、ちょっと掻き傷がありますよね顔(泣)
ここから汁が耳の中に入ったりしてますます汚れますがく〜(落胆した顔)
ちなみに使用しているクリーナーは液体洗浄のノルバサンですぴかぴか(新しい)


DSCF0834.JPGDSCF0836.JPG
耳の穴をぐいっと広げて、ノルバサンをたっぷり流し込みます。
かなり嫌がるので、膝でアビの腰をぐいっと締め付けて動けなくし、左手でアビの頭を相当強くつかんで固定します顔(ぷんっ)
そして、耳の根元をつかんでぐちゅぐちゅ音をたてながら、液体をすみずみまで行き渡らせます〜。
15秒くらい?
汚くなった洗浄液をティッシュで少し拭き取って、アビの胴体だけをつかんでフリーにします。
そうすると首をプルプルと振って更に汚い液が耳から飛び散りますたらーっ(汗)
そうして、次は反対側のお耳ですGood
アビが相当イヤがって後ろ・で蹴ろうとしているのがわかりますか?顔(イヒヒ)


DSCF0837.JPGDSCF0840.JPG
今日は、週末なので爪切りもしてみました猫(足)
指部分をぎゅっと押さえると爪がにょきっと出ますので、ピンク色の部分を傷つけないように気をつけて爪部分だけを切ります。でも、怖いから、少し浅めに切ってしまう私です顔(汗)

更にアビはカイカイであちこち舐めて掻くので、傷が4,5箇所あるんです顔(汗) 汁や血でデロデロしている部分を、消毒します。消毒してもまた舐めるんですけどね・・・ドコモポイント


DSCF0841.JPG
最後に目やにをティッシュで軽く拭き取って、お手入れタイム終了〜わーい(嬉しい顔)
爪切り以続は毎朝、毎晩これをやります〜ダッシュ(走り出すさま)
その点、グレンは手間要らずで、なーんにもお手入れをしませんドコモポイント 
週一の爪切りぐらいですね(笑)
アビも手間がかからないと嬉しいのですが、そうもいかないので損方ないですあせあせ(飛び散る汗)


DSCF0828.JPG
<おまけ>
昨日、珍しい存揃を見れたので思わず写真に撮ってしまいました顔(メロメロ)
ノンちゃんのベッドにアビとグレンが仲良くexclamation&question一緒に寝ていたんです顔(笑)
そんなにこのベッド、居心地がいいのかな〜猫(笑)




ニックネーム TOMO at 18:27| Comment(7) | TrackBack(0) | アビ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月24日

ご無沙汰アビ


さて、今度はアビの近況ですClap
アビも食欲たっぷりで体調も良く元気いっぱいぴかぴか(新しい)
そして、一大ニューースとして、邪魔だったエリザベスカラーをようやく取り外しました顔(イヒヒ)

っていうか。。。ある朝、起きたらアビがどうにかして自分でカラーを取り外していて、
傷口を舐めまくっていた、というのがキッカケなんですけどね顔(汗)
エリザベスカラーって一度つけちゃうと、なかなか取るタイミングが難しいんですあせあせ(飛び散る汗)
取ってまた傷口がひどくなったらどうしようあせあせ(飛び散る汗)とか、ぐちゃぐちゃ考えちゃって怖いんですよね顔(汗)
なので、アビが自分で取ってくれて、意外に傷口がひどくなってなかったので、
「このまま外しちゃえexclamation」ってことになったわけですClap

そして耳血腫の影響で通気性の悪い折れ曲がった耳の汚れは相変わらず顔(汗)
少しでも汚れると掻くので、今では朝晩の1日二回の液体耳洗浄をしていますよGood


DSCF0672.jpg
相変わらず、ストーブが大好きなアビなのですが、ストーブからの距離
は、グレンと比べて相当近いあせあせ(飛び散る汗)
そんなに陣取ったら、グレンが近くに来れないじゃんよ〜顔(汗)


DSCF0687.jpg
こんなに近づいて、何故熱くないんでしょうかね〜顔(なに〜)
そのうち、ブスブスと焦げ臭くなってくる気がするんですがあせあせ(飛び散る汗)
(ちなみに、背景の乱雑さは気にしないでくださいねがく〜(落胆した顔)


DSCF0694.jpg
床があったまってくると(というか、相当熱いどんっ(衝撃))、
ごろんと、寝転がってゴロゴロ喉を鳴らしてるアビです顔(イヒヒ)
なんか、口元がニッコリ笑っているように見えませんか?顔(イヒヒ)


DSCF0695.jpg
アビたん、エリザベスカラーも外れて、お気に入りのストーブ前でのんびりぴかぴか(新しい)
ご機嫌なようですね猫(笑)


DSCF0688.jpg
エリザベスカラーがないと、こうやって顔を自分で洗うこともできます顔(メロメロ)
良かったね〜猫(笑)
だけど、見えないところでこっそり掻いているのも知ってますよ顔(ぷんっ)
また傷口がひどくならないよう掻くのは我慢してくださいねパンチ

以上、グレンとアビの近況でした〜Clap
(今度は、もう少しマメに更新するぞ犬(怒)
ニックネーム TOMO at 22:32| Comment(12) | TrackBack(0) | アビ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月24日

元気いっぱい♪


DSCF5346.jpg
アビちゃん、すっかり元気になっていますわーい(嬉しい顔)
3回に1回しか成功しなかった、猫タワーへのジャンプも、
今では100%手(チョキ)
フラツキも私が見た限りでは一度もありませんハートたち(複数ハート)
左への傾きも、「若干・・・」ってなぐらいで、気にはならない程度目
そして、今晩もアビの食欲はとどまることを知りません猫(笑)

『ご飯はまだですか〜exclamation&question



DSCF5349.jpg
ハイハイ、今あげますよ〜あせあせ(飛び散る汗)

『わーい、嬉しいにゃ〜揺れるハート
テーブルの足にスーリスリ顔(イヒヒ)



DSCF5339.jpg
待ちきれなくて、ゴミ箱の上にジャンプで登ってしまうアビちゃんですぴかぴか(新しい)
こんな姿すら、いちいち感動ー(長音記号1)キスマーク
数日前は、ジャンプはおろか、歩くことすら難しかったのにねたらーっ(汗)
本当に、「生きる力」「自然治癒力」ってすごいと思いますGood



DSCF5344.jpg

『俺様ももちろん元気だぜ猫(足)

グレンも存在感たっぷりで、元気いっぱいですよ顔(ペロッ)
ニックネーム TOMO at 21:37| Comment(9) | TrackBack(0) | アビ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月17日

ストレスのない生活


DSCF5216.jpg
今日、キャンプから2時頃帰ってきました。
アビが元気になったとはいえ、「アビ・・冷たくなっていたりして・・」と一抹の不安は
消えていなかったのですが、やっぱり、アビは更に復活していましたわーい(嬉しい顔)

なんと、歩くときのフラツキがなくなっていたんです目
しかも、ブルブルっと身体を震わせていても、よろめかないGood

ただ、ビートたけしのように、やっぱり頭が左に傾いていて、小首をかしげているカンジなんです。
食欲は完全に戻っています猫(足)

もしかして、猫タワーにも登れるのかも・・と、試してみることにしました。
アビの嫌いな言葉。「お風呂入る〜?」というと・・・目

一目散に猫タワーに飛び乗ろうとしましたが、やっぱり左に重心がいってしまい、
残念ながら落下もうやだ〜(悲しい顔) ごめんね、アビ〜猫(泣)

元に戻るのはやっぱり今は無理みたいです。時間がかかっても治るといいんだけどねあせあせ(飛び散る汗)

お詫びに、猫タワーの2段目に乗せてあげて、またたびをふりかけました。
そしたら、今まではまたたびにはイマイチの反応だったのに、今回は
スリスリと身体をこすりつけてウットリしているじゃないですか猫(笑)

病気で体質まで変わったのかな〜exclamation&question


DSCF5218.jpg

猫タワーの3段目のハウスの中は、アビのお気に入りの場所。
なんとか、そこに行ってほしくて、再び、「お風呂だよ〜」と言ってみました。
ただし、今度は、落ちても受け止められるように準備してね手(チョキ)

そしたら、なんとかハウスにジャンプできましたわーい(嬉しい顔)
猫じゃらしにも、じゃれてくれて、すっかり元どおりるんるん
頭が傾いているのは、グレンの左目と一緒で、神経の後遺症なのかもしれません。
だったら、グレンの目と一緒で、時間がたったら治ったりして・・と
淡い期待を抱いてしまう私ですあせあせ(飛び散る汗)

今回、キャンプで2泊3日も家を空けること、すごく不安に思っていましたが、
かえって、アビにとってはストレスがない生活でよかったようです。
そういえば、グレンの左目のひきつりが治ったのもキャンプ明けだったような・・・たらーっ(汗)
もしかして、アビやグレンの神経の病気はノンがいることのストレスから来ているのかしら・・・
と不安になってしまう私顔(なに〜)

なんにしても、アビもグレンも年で弱りやすいということがわかったので、
精神的にも肉体的にも気を使って、少しでも長生きしてもらおうと思いましたひらめき

アビ、奇跡の復活手(チョキ)
今回は本当にダメだと思いましたが、生きる気力が蘇ってくれて良かったです。 
皆様にもご心配をおかけしました。
これからも、アビとグレンを見守っていてくださいね猫(笑)
ニックネーム TOMO at 22:13| Comment(7) | TrackBack(0) | アビ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月13日

食いしん坊パワー


DSCF4922.jpg
帰宅したら、アビが居間から廊下へ首を伸ばしてこちらを見ていましたわーい(嬉しい顔)
昨日よりも「お出迎え」の場所がどんどん玄関に近づいています(笑)

『あれ〜、アンタまた元気になった?』

二階からノンの呼ぶ声が聞こえていたけれど、まずはアビを撫でました。
そしたら、歩く動き方が左に傾いではいるけれど、昨日よりも
ふらつき度がマシになっているんです目

嬉しさを超えて、、、なんというか・・・呆れたというか・・猫(笑)
全く、呆然です目

『アンタは病気じゃないんだよ〜。だから普通にカリカリなんだよexclamation』 と、
スパルタで、今回はカリカリを通常量、無造作にあげてみましたパンチ

そしたら、
『あれ?これなの? これかあ・・』と、不満げ。

こちらをじーーーっと見つめるアビをわざと無視し、いつもどおりの日常で、
ノンとグレンにご飯をあげました。
横目でしばらくアビの様子を見ていると目

やがて、カリカリを食べ始めましたわーい(嬉しい顔) しかも、8割がたexclamation



DSCF4926.jpg
カリカリの食べ方、最初はちょっとヘタでしたが(マヒの関係で)、
だんだんと上手になっていってました。
今までよりは遅い食べ方なので、食事を終えたノンが、おこぼれを
狙ってやってきますふらふら

「ノン!邪魔しないのexclamation」と遠ざけて、アビの食事を見守りました。



DSCF4928.jpg
2割を残して、その場を去ろうとしたアビ。
もっともっと食べてもらいたい手(グー) と、更に猫缶まで開けちゃいました猫(笑)
グレンもニオイをかぎつけ、オネダリ。
アビの病気のせいで、いつもの1.5倍の量の食事となった二匹です(笑)
猫缶は半分ずつあげましたが、アビもグレンもそれをペロリぴかぴか(新しい)
食欲は完全に回復です揺れるハート


DSCF4932.jpg
アビが食べているのを見て、うらやましくてオネダリするノン顔(イヒヒ)


DSCF4936.jpg
そして、今日は、ここ2,3日見られなかった光景もexclamation

食後の顔洗いですわーい(嬉しい顔)

歩き方はかなりしっかりしてきました。
でも、左に傾いでいるのは治りません。 そして、ブルブルと身体を震わすと、
やはり勢いで左にバタっと倒れてしまいます。
神経の関係で、バランスが取れないのは変わりないようです。

でも・・・。
今回、初めて、「すごいexclamation」と思いました。
ノン、グレン、アビ・・・。

みんな、危機を脱出Good
何かが守ってくれているようなカンジ目

もちろん、これが永久じゃないとは思いますが、第一の危機は脱出したように思います。
猫が目だった原因もなく食事をしなくなり衰弱しはじめ、隅っこに隠れ始めたら、
2,3日で逝ってしまうケースはとても多いんです。

アビがこれを回避したのは間違いありません。

これぞ、「食いしん坊パワー」でしょうか?Good

アビが「旅立つ」決心をするのはいつになるのかはわかりません。
一週間後かもしれない、一ヶ月後かもしれない、一年後かもしれない、
もっともっと先かもしれない。

でも、今回は留まる決心をしてくれて、とっても嬉しいですわーい(嬉しい顔)
ニックネーム TOMO at 21:08| Comment(8) | TrackBack(0) | アビ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月12日

アビの選択


DSCF4914.jpg
今日、帰宅すると、アビがテーブルの下まで迎えに来ていたぴかぴか(新しい)
もしかして、アビがもうすでに冷たくなっているのでは・・とドキドキしながらの帰宅だったけれど、
私が見たのは昨日よりも目の光がしっかりしているアビの姿でしたわーい(嬉しい顔)

「アビ〜exclamation アンタ、やっとやる気になったのお?」

そう声を掛けつつ、撫でてあげると、ゴロゴロ言うではないですかるんるん
全然昨日と違いました。

もしかして。
と思い、今日は猫缶ではなく、いつものカリカリフードを手の平に乗せてあげてみたところ、
私の指を間違って噛むほどに何粒か食いつきました目
しかし、喜びも束の間。。10粒くらい食べるともう食べなくなりました顔(なに〜) 
食欲が戻ったと思ったのは気のせいか〜あせあせ(飛び散る汗)とカリカリをしまっていたのですが、
アビはその場から動こうとしません。
それどころか、じーーーっと私を見つめています。

これは、ワガママにも猫缶をオネダリしている猫(足)


DSCF4915.jpg
そして猫缶を出してあげたところ、バクバク食いつきました手(チョキ)
しかも、ゴロゴロ言いながら食ってる顔(メロメロ)
そして、ほとんど、ミニ缶が空っぽになりましたぴかぴか(新しい)

アビ、どうやら、もう少し、この世に留まる選択をしたようですヤギ

昨日までは、死を待つかのような態度。無気力・無関心猫(泣)
苦しんではいないし、安らかに、死を待っているのであれば、
静かに見守ろうと決心していました。

飼い主としては、アビがいなくなったら寂しいという気持ちはもちろんあります。

でも、アビ自身が「もう、いいよ」と思ってるカンジであれば、延命措置など取らず、
そのまま静かに逝かせてあげようと思っていました。 
冷たい、と取る人もいると思いますが、それが私のやり方。。
でも、逝く時期というものはあるものだと私は思っています。
その時には、じたばたせずに、しっかりと見守ろう・・と。
これが、まだ1歳や2歳の若い子だったら、「まだまだのはずでしょ?」と怒ったと思いますけどね顔(汗)
逝く命があるから生まれてくる命もある。
そして、私はアビという存在にずーっと関わらせてもらっています。
うまく説明できませんが、、、アビが悔いがない終わりなら、私も
悔いがないんです。


DSCF4916.jpg
でも、今日のアビの様子を見ると、目にもわずかながら生気が戻っていて、
食べようとする意志が、気力がありました。
そして私の顔をじーーっと見ていました。
アビがもう少し頑張るつもりであるのならば、私も手助けしまするんるん

ノンも応援してくれているようですわーい(嬉しい顔)


DSCF4919.jpg
アビのお気に入りの場所である、居間のカーテンの横にトイレを
置いておいたのですが、調べてみると、ウン○がしてありました。
恐らく、アビのだと思います手(チョキ)

速攻、ウン○を片付けると、それを待っていたかのように、
アビは自らトイレに入りました。
そしてオシッコをして、砂をしつこくかけました。
砂かけは元々ヘタなので、全然かかってなかったですけれど。

そして、トイレから出てきたとき、フラついて、横にばったり倒れましたふらふら
どうも、左半身に力が入らないらしく、マヒっぽいのかもしれません。
脳神経ですね、やっぱり。

食欲が出てきていますが、すべてがいい方向に向かっているわけではありません。
フラツキ・・。歩行困難・・。

でも、まだまだ自分でトイレに行けるからいいですね。

左に傾いでいる状態が顕著になってきました。
でも、アビも少しはやる気が出てきたみたいだし、
この事実を動物病院の先生に伝えて、再度、違った処方をしてもらおうかなと思います。 
そして、週末のキャンプ中、病院に預けて、症状をじっくり見てもらうのもいいかもと思っています。
食欲が出てきたから、点滴入院じゃなくて、美味しい猫缶をあげてもらうこともできるしねわーい(嬉しい顔)

アビが「生きたい」のならば、私もサポートするからね猫(笑)

一抹の不安は、この食欲、、、「最後のあがき」じゃないよね〜?ってことですふらふら 

そして、今日もアビを見守り続ける私です手(グー)
ニックネーム TOMO at 21:28| Comment(6) | TrackBack(0) | アビ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月11日

食欲すこし♪


DSCF4910.jpg

今日、会社帰りにスーパーに寄り、アビが好きそうな猫缶(高いやつ)
を幾つかみつくろって、買ってきましたぴかぴか(新しい)
カリカリは全然食べなくなっちゃったけど、元は食いしん坊のアビ、
猫缶なら、少しは食べてくれています。
とにかく、一番食事が大事手(グー) 

家について、真っ先にアビを探しに二階へ行くと・・・。
クーラーつけてフカフカのベッドも作って、水もトイレも近くに置いてあった場所に、アビがいない。
慌てて、探し回ったら、1階のカーテンとベランダの窓の隙間にいました。・・・いつもの場所ですふらふら

良かれと思って二階にベッドを用意したのに、ふらつく足腰で頑張って
1階まで降りてきて、お気に入りの場所でゆっくりしていたようです。

やっぱり、自分の一番落ち着く場所っていうのは決まっているんですね猫(泣) 余計なことをしてしまいました・・。

そして、猫缶を取り出し、
「アビ〜、ご飯だよ〜」と言いながら、台所へ行くと・・
ふっと振り返ったら、なんとアビがいつのまにか、窓際から、テーブルの下まで移動していましたがく〜(落胆した顔)
ビックリexclamation
食事が猫缶だとわかると、少しは食欲があるようで、おねだりに来たんです手(チョキ)
これはスゴイ猫(足)

そして、テーブルの上で少しだけ食べてくれました。
その後、病院からもらった薬と栄養剤をムリヤリ口の中にいれ、トイレへ連れていってあげて、排泄させました。
自分でもトイレへいけるとは思いますが、面倒で我慢しているみたいなので、この上、膀胱炎まで再発させたくないしねたらーっ(汗)

食欲が少しはあるから一瞬嬉しくなりましたが、ふらつきはますます悪くなっています。
普通にしていても、左に体全体が傾いでいて、しかも、グレンが脳梗塞を起したときと一緒で、片目がちょっとショボショボしている。。
しかも、身体はガリガリ。。

今、アビに何がしてやれるのか?と考えてしまいます。
良かれと思ってしたことも、どうやらメイワクだった様子。
アビがリラックスしてゆっくり過ごすためには。。。
とりあえずは、美味しいものをあげて、トイレを近くに寄せておいてあげることぐらいしか思いつきません。

なんだか、私のほうが寂しくなって、アビを膝に抱っこしてナデナデしたのですが、アビはメイワクだったらしく、自分から降りて、窓のほうへ行ってしまいましたふらふら

ニャンコにとって、落ち着く距離っていうのがあるんでしょうね。
とりあえず、見守っていきますね。
ニックネーム TOMO at 23:03| Comment(7) | TrackBack(0) | アビ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

アビの異変


DSCF4906.jpg

今日は会社を前半休して、動物病院へアビを連れていきました。
いつもなら、電車やバスの移動中、激しく鳴くアビですが、今日はか細い声でしか鳴きませんでした。

日曜日の朝まではちゃんとご飯を食べていたのに、日曜の夜から、一切食事をとらなくなりました。
大好きな煮干や焼き魚でさえも、興味がなさそう。
ご飯の前までは行くのに、じーっと見るだけで、そこに座り込んでしまいます。

月曜の朝も食べなかったので、さすがにマズイと思い、月曜の夜は高級猫缶を買って、手で与えたところ、3分の1くらいを食べました。
しかし、この時くらいから、身体はふらつき、ブルブルっと体を震わすしぐさをしようもんなら、その勢いで自分でふらりと横に倒れてしまうのです。

どう見ても、「衰弱」しています。
ふらついて、まともに歩けず、トイレまで行くのも大変らしく、オシッコも我慢しているようでした。。

火曜の朝も、猫缶を与えると、少しだけ食べてくれました。
トイレをしている気配がないので、抱っこしてトイレの上へ置いてあげると、タイミングよく、ちゃんとトイレをしてくれました。
普通の量で普通の色です。
そして、また窓際の涼しいところでフラつきながら、伏せて休んでいるようでした。




DSCF4907.jpg

病院に連れていくと、先生は一目見て、
「衰弱しているねえ・・」と言いました。目に生気がないようです。

症状を言いましたが、眉をひそめて、「わからんなあ・・」と。
熱をはかりましたが、熱もないんです。 ただ体が右にちょっと傾いでいます。 
「グレンと同じでやっぱり神経系にきちゃったみたいだねえ・・」と
悲しそうに言われました。

大きい病院で7,8万円だしてCTスキャンを撮れば原因はわかるらしいですが、治療といっても、延命治療。。。
スキャンを撮るにも麻酔が必要だし、そこまで検査するつもりももう私にはなかったりするんです。。

今回もらった薬は、腸の活性化の薬と、チューブ状の栄養剤を1週間分もらいました。 それで様子を見てみてくださいということです。
栄養剤も食べないようなら、点滴をするから預かりますといわれました。
ちょうど、週末はキャンプで家を空けるので、入院させようかな〜とか思っています。

アビは、サークルで囲んで、ノンと同じ留守番部屋で休ませることにしました。ここなら冷房も効いているしね。。
抱っこしても体重がいつまにか減ったかんじで、目にも生気がなく、本当に徐々に衰弱しているってカンジです。
嘔吐もなく、下痢もなく、熱もなく・・・。特に治療のほどこしようがないんですよね。。 じたばたしても仕方ないっていうか。
こういうのを、命が削られているってカンジなのかも。

アビは11歳。 健康な猫ならば16歳や18歳とかまで生きるんでしょうが、弱い猫だとちょっと体調を崩すとマズい年齢です。

アビの寿命がいつまでなのかはわかりませんが、今は静かに見守っていたいと思っています。


ニックネーム TOMO at 10:52| Comment(8) | TrackBack(0) | アビ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月04日

エリザベスカラー解除!


DSCF1479.jpg
アビの耳血腫の治療も終わり、出されたくすりも飲みきったので、
遂に今朝、エリザベスカラーを外してあげましたわーい(嬉しい顔)
アビはカラーを外してもらうと、一目散に逃走〜ダッシュ(走り出すさま)
コタツの中に隠れて、久しぶりのグルーミングを堪能しておりました顔(イヒヒ)

そのせいか、会社から帰宅後、太くて長い毛玉が吐き出されて廊下にありました顔(え〜ん)
よっぽど、グルーミングしまくったんでしょうねあせあせ(飛び散る汗)


DSCF1480.jpg
問題の右耳は、まさしく「餃子」のごとく、固まってしまいましたふらふら
そして縮まってしまい、もう一生お耳が立つことはありませんたらーっ(汗)
でも、仕方がないです。


DSCF1481.jpg
アップで見るとこんなカンジ〜顔(汗)
これでも、寝ている耳を立たせているんですたらーっ(汗)
でも、赤くもなく腫れているわけでもなく、綺麗な色でしょ?目


DSCF1484.jpg
エリザベスカラーを付けていたときは登ることができなかったキャットタワー。
今日は思う存分登ってもらいました顔(イヒヒ)
アビがのんびりできるところは、このタワーの最上階なんですハートたち(複数ハート)
ノンにもグレンにもジャマされずに寝れるもんね顔(ペロッ)
よく頑張ったね、アビ〜わーい(嬉しい顔)


DSCF1485.jpg
アビが元気になって、ちょっとムカついているグレン顔(汗)
昔から、エリザベスカラーを付けているアビのことは、かなり下に見ているようです。
まあ、動きづらいし、ケンカするとどうしても弱いからねえたらーっ(汗)
だけど、カラーをはずしたアビは弱くないんです手(チョキ)
優しいから、極限まで我慢しているけれど、怒ったら向かっていくんですよ目
いつも、ちょっかい出すのはグレンのくせに、最後にはグレンが逃げて行きます顔(ペロッ)

もっと仲良くしてくれるのを夢見ていたんですけどね顔(汗)
うちの犬猫、全員が、バラバラで、仲良くないのは何故かしら〜顔(泣)
ニックネーム TOMO at 22:42| Comment(13) | TrackBack(0) | アビ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月12日

Happy Birthday アビ!


DSCA0522.jpg
今日は、なんとアビの11歳のお誕生日猫(笑)
すごい! もうアビと暮らし始めてから11年近くもたったってことなんだねわーい(嬉しい顔)

北海道の実家では犬や猫がそばにいるのが当たり前だった私にとって、
動物が家の中にいないっていうのがとても寂しくて顔(汗)
でも、賃貸アパートだしたらーっ(汗)
そう思いながらも、会社帰りに新宿小田急に寄って、猫ちゃんを
じーっと眺めていたんです。

でも、その時住んでたアパートの契約書をよく読んでみると、
「ペットは相談」と書いてあるのを発見ぴかぴか(新しい)
早速大家に電話したら、「敷金を更に1か月分払えばOKGoodexclamation
喜んだ私は早速、小田急に通いづめ、アメリカンショートヘアーを
飼うべく、ピンと来る子を探していたの揺れるハート

でも、ピンと来たのは、その当時あまり知られてないアビシニアン猫(足)
他の子たちがまったりと、ケージに座って寝ているのに対して、
アビは「ニャーオ」「ニャーオ」となき続けながら、ケージの中を
行ったり、来たり、ウロウロしっぱなし顔(え〜ん)
見ているうちに、「この子は早くこのケージから出してあげよう」って
思ったんです手(グー)
名前は、ペットショップのお姉さんたちが「アビちゃんバイバイー」
って手を振ったのをきっかけに、そのまま「アビ」に決定顔(イヒヒ)

こうしてウチのコになったアビ猫(笑) 11歳のお誕生日おめでとう黒ハートひらめき
ノンのつなぎ服を借りて着せてみました! エサも、高級フードに
煮干をトッピングしてあるんだよ〜ぴかぴか(新しい)
ロウソクは、なんと、TOMOとMAKOの結婚式で使ったキャンドルだよん顔(イヒヒ)


DSCA0529.jpg
キャンドルに火を灯して、みんなでお祝いしまするんるん
アビはなんのことかわかってないみたいだけど、目の前の
美味しいフードのニオイには気づいているみたいですわーい(嬉しい顔)


DSCA0534.jpg
さあ、アビちゃん、どうぞ〜るんるん

早速、アビはガッツガツ食べ始めました顔(イヒヒ) 
いつもはカリカリフードだから、こんなの久しぶりだよね顔(ペロッ)


DSCA0535.jpg
あら、もう完食ですか?猫(笑)

ほんと、食欲もあってアビはとっても元気ですわーい(嬉しい顔)
耳のほうも、土曜日に病院に行ったところ、腫れている部分が
少しずつ引いてきているとのこと手(チョキ)
しょう液もこれ以上、溜まってきてないカンジなんです目
餃子耳には違いないですけど、治りかけてきているってのが嬉しいですよね顔(笑)


DSCA0530.jpg
さて、何やらイヤ〜な視線を感じますあせあせ(飛び散る汗)

「俺様には、その美味しそうなモノはないの?

あらたらーっ(汗) ずっと見ていたのねグレンってばふらふら
表情が怖いから睨むのはやめてくれよ〜あせあせ(飛び散る汗)

グレンの左目は相変わらず、しゅん膜が出ています顔(汗)
まだ病院からもらった薬を飲み続けていますが、なくなったら
もう一度診せに行くつもりですGood 
フラつきもないし、食欲もあるし、悪化はしてないカンジです顔(チラッ)
毎日、「しゅん膜が戻ってないかなあ〜」と期待してみているけど、
それはまだまだってカンジですね顔(汗)


DSCA0539.jpg

結局、グレンもおこぼれを貰うことができましたわーい(嬉しい顔)
ニックネーム TOMO at 21:17| Comment(18) | TrackBack(0) | アビ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月25日

ぎょうざ耳との戦い


DSCF9965.jpg
朝一番で、病院へ行ってきました。 
写真は、家に帰ってきたときにものです。グレンが出迎えてくれましたよわーい(嬉しい顔)

先生は、「どう?また腫れてきた?」と聞いたので、アビを見せて
「以前より腫れてしまいました」
と恨みがましく言ってみました顔(ぷんっ)
「あ〜、激しいね〜バッド(下向き矢印)」と先生も、治療の成果が出てないことに困り顔。
どうやら、アビは、「耳血腫」でも、治りにくいタイプのようなんですふらふら

今までの治療方針を詳しく聞いてみました目
「耳血腫」は、その回復に個体差があって、「インターフェロン」という注射注射だけで
治っちゃコもいれば、非ステロイド系の飲み薬くすりで治っちゃうコもいる。 
でも、アビは、そのどれをやっても、はかばかしい結果になってないそうなんですもうやだ〜(悲しい顔)
先生は、いきなり最終手段の「外科的手術」を行うのではなく、
注射や薬で治る可能性がある限り、まず、その段階を踏んで治療をするということでした。目
「外科的手術」というのは耳をタテに切って、しょう液が溜まらないように、
袋を縫い合わせてしまうという簡単なモノのようです。
しかし、その手術をしても、「再発」しちゃうかもしれないんですって顔(なに〜)


DSCF9966.jpg
その他の治癒の方法として、針で腫れた部分を刺して、しょう液を抜き、
また腫れてきたときには、小さくなっていて、また針を刺し・・・
を繰り返すうちに、治っちゃうコもいるそうです。

さあ、どういう治療にしていこうか・・と私も悩みました顔(汗)
手術しても再発かも・・っていうんじゃねえ顔(汗)
隙間なく縫い合わされたはずの耳が、今度はボコボコしたカンジで腫れていくのを
想像してしまい、うーん・・・とウナってしまいましたたらーっ(汗)

とりあえず、今回は手術せず、しょう液を抜く作業を1週間〜2週間おきに繰り返して、
薬を併用して、腫れが小さくなっていくのを待つことにしましたGood
それでも、ダメってカンジになったら、最後には手術も視野に入れてみようと思います猫(泣)

それと、先週の水曜日当たりに、耳が熱を持って、アビが苦しそうだった話をしたら、
先生が眉をひそめましたあせあせ(飛び散る汗)
耳に針を刺した関係で、細菌が入り熱を帯びる場合があるから、要注意だそうですがく〜(落胆した顔)

ということで、今回は、非ステロイド系の薬に加えて、抗生剤を頂きましたよ。
来週は来れそうもないので2週間分ですGood

アビは今回、しょう液を抜くために針を刺されても、極限まで我慢してくれたみたいです顔(泣)
猫ちゃんは、普通すごく暴れて嫌がるのに、アビは猫には珍しく我慢強いんですってもうやだ〜(悲しい顔) 
みんなに、誉められたよ、アビ揺れるハート


DSCF9967.jpg
それじゃあ、私からも、ご褒美をあげましょう〜わーい(嬉しい顔)
「アビ、頑張ったね〜るんるん

何故かグレンまで、やってくるしたらーっ(汗)


DSCF9969.jpg
なーんて、ご褒美はただの、「またたびの粉」顔(なに〜)
とっても、ケチくさい私ですあせあせ(飛び散る汗)

でも、アビの表情、しょう液を抜いたせいか、穏やかだと思いませんか?顔(チラッ) 
やっぱり、アビはいつも、穏やかな表情でいてほしいなあと改めて思いました晴れ

ちなみに、またたびの粉をふりかけてもいないのに、フタを開けた瞬間のニオイだけで、
後ろで、のたうちまわっている猫が約1匹おりましたとさ顔(笑)
ニックネーム TOMO at 11:13| Comment(3) | TrackBack(0) | アビ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月23日

経過報告


DSCF9926.jpg
いや〜、昨日は参りましたもうやだ〜(悲しい顔)
昨日、会社から帰宅したら、いつも玄関まで出迎えてくれるはずなのに
グレンしかいないたらーっ(汗)
「あれ、アビは〜?」って二階へ歩いていったら、階段のところで
しょぼくれてうずくまっているアビの姿が・・顔(泣)
相当、腫れた耳が痛くて気になるらしく、ブルブルと頭を振り、
「ブミ〜・・・」とか細い声で泣いていましたがく〜(落胆した顔)
しかも、「ご飯だよ〜」と言ってもその場を動こうとしなかったんです。
抱き上げて、ご飯の場所へ連れていったら食べましたけどあせあせ(飛び散る汗)

昨日がそんな状態だったので、今日もすごく心配でした。
でも、今日は頭ブルブルもそんなにしないし、少しは動いていました。
「ご飯だよ」といったら、ちゃんと現れたし猫(足)
痛みのピークは去ったのかな? 少しは薬が効いてきたのかしら・・ダッシュ(走り出すさま)

現在の耳の腫れ。とにかくヒドイですふらふら
綿棒で耳の掃除をしたいのですが、腫れすぎて耳の穴が塞がってしまい、
掃除するときに腫れた部分を押しのけなければなりませんバッド(下向き矢印)
当然、アビも「フーフー」怒って抗議します顔(え〜ん)
参ったなあ・・もう顔(汗)


DSCF9910.jpg
アビの現在の耳の変形度目
かなり、キテますたらーっ(汗)
「耳血腫」って「ぎょうざ耳」とも言われてるらしく、ホントに
ギョウザのようになってきました顔(汗)
「アメリカンカール」だったのが、「スコティッシュフォールド」に顔(え〜ん)
今週の土曜日にまた病院へ行ってきますGood
経過が良くはないので、聞きたいこと山積み〜顔(ぷんっ)
さっさと、痛みだけでも消してくれよ〜先生exclamation×2


DSCF9915.jpg
今日のグレンです。
やっぱり、自分だけ構われてないから、ちょっとそばに寄ると、
妙〜に甘えてきます揺れるハート
ごめんね、グレン。健康なコは、ついつい放ったらしにしちゃうのよねえ顔(汗)
もう少しの辛抱だからね〜顔(え〜ん)
ニックネーム TOMO at 22:19| Comment(10) | TrackBack(0) | アビ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月20日

穴開け試練


DSCF9495.jpg      DSCF9877.jpg
しょう液を抜く前                     しょう液を抜いた後


アビの耳が遂にパンパンに膨れてしまいました顔(なに〜)
耳の掃除も毎日おこない、点耳薬もさし、抗生物質を胃に気をつけて
飲ませているのに、ちっとも良くなりません(怒)
それどころか、1日1日、腫れがヒドクなってきていますちっ(怒った顔)

ちょっとムっとしながら、病院へ行きました。
結局、先生が言うには、「最長2ヶ月以内には自然に良くなるんだけどねえ。
耳も綺麗だしエリザベスカラーもしているのに、
どうして腫れがひどくなるのかなあ。ちょっと腫れすぎだから、
針で刺して、しょう液を抜きますね」とのことダッシュ(走り出すさま)

だったら、最初からしょう液抜いてよおおおexclamation×2ちっ(怒った顔)と思っちゃいました・・・バッド(下向き矢印) 
だって、これまでかかった費用1万円なり〜あせあせ(飛び散る汗)
 先生が針刺ささない治療で治したいっていうから内科治療してきたのに、
結局、針刺さざるを得ないんだから、今までのはムダってことですたらーっ(汗)

とりあえず痛々しいのは腫れはなくなりましたが、袋ができちゃっているため、
明日にはまたしょう液が溜まってくるんだってふらふら


DSCF9878.jpg
アビの耳、こんなカンジに変形しちゃいました〜あせあせ(飛び散る汗)

なんだか、「アメリカンカール」みたいな耳ですね〜(苦笑)
先生が針を刺して、一生懸命耳を押して穴からしょう液を出している間、アビは
「ンギョオオ〜exclamation×2 ンギャアアアーどんっ(衝撃) フー、ハー爆弾
と、すごい声を出しておりましたがく〜(落胆した顔) 
私はその現場を見せてもらえず待合室にいたのですが、
思わず耳をふさぎたくなっちゃいました(汗)
自然に放っておいても2ヶ月以内には治っていくらしいのですが、
アビの場合、腫れがヒドイので、1週間ごとに診察を受けることに目 
耳の腫れで痛い思いをして欲しくないので、できるだけ行ってあげるつもりです顔(汗)


DSCF9882.jpg
「今日は、よく頑張ったね〜わーい(嬉しい顔)」ってことで、アビに小魚のプレゼントプレゼント
いい香りにグレンも集まってきました揺れるハート


DSCF9884.jpg
でも、アビにあげようと思ったら、グレンが素早く、パクリ〜目


DSCF9885.jpg
アビちゃん、大ショック〜がく〜(落胆した顔)
こういう時に、グレンに戦いを挑めず、呆然と眺めていることしかできないアビたらーっ(汗)
優しい性格なのか、おっとりしているのか、、、なんなんでしょうね顔(汗)

可愛そうだから、アビの口元にもう1匹、小魚を持っていってあげたら、
アビちゃん、慌てたみたいで、床に落としちゃいましたふらふら
慌てて拾いに行くアビなのですが・・・・・目


DSCF9887.jpg
なんと、そこにはすでにオコボレを期待して待機していたノンが爆弾
アビ、二度目の呆然自失・・・がく〜(落胆した顔)
確かに口には一度入ったのに・・・と、空中をペロペロしちゃうアビです顔(泣)


DSCF9891.jpg
三度目の正直ってことで、口元に強引に小魚を入れてあげましたGood
やっと食べれた〜Clapハートたち(複数ハート)
耳の変形なんて全く気にしないで、ニコニコ顔で小魚を食べるアビでしたわーい(嬉しい顔)

アビ〜、早く良くなっておくれ〜顔(泣)
ニックネーム TOMO at 10:59| Comment(11) | TrackBack(0) | アビ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月12日

アビの耳その後


DSCF9363.jpg
アビの耳ですが、やはり、ちっとも良くなりませんふらふら
腫れの具合も、小さくなってないし、相変わらず熱を持ってますバッド(下向き矢印)
エリザベスカラーを付けたままなので、大好きな猫タワーの最上階に
登ることもできず、不機嫌なアビ顔(汗)
今日は、そんなアビを連れて、動物病院へ経過を見せに行きましたダッシュ(走り出すさま)


DSCF9365.jpg
さて、キャリーバッグを開けると、アビは自分から入っていきました顔(チラッ)
珍しい〜exclamation いつもは見せただけで逃げるのに〜目


DSCF9403.jpg
本日もノンを付き添い犬として、一緒に病院へ〜るんるん
アビもきっと心強いと思います(?)
待合室では、アビがニャーニャーとうるさいので、少しバッグのフタを
開けました。顔だけそっと覗かせて、とりあえず安全なつもり顔(笑)
丸見えなんだよ〜アビexclamation

診察の結果・・。
結局、全然良くなってないってことです顔(なに〜)
しかも、今朝も耳掃除してきたのに、機械で覗くと全然汚れてた顔(え〜ん)
どうも、汚れがこびりついて取れにくいみたいで、今日からは綿棒だけでなく、
液体を直接耳の中に入れて、モミモミするよう指導を受けましたあせあせ(飛び散る汗)

更に、耳掃除だけではやはり治らないということで、胃の負担の心配は
ありますが、弱めの抗生物質くすりと、胃薬をもらうことにダッシュ(走り出すさま)
胃が弱いため、まず胃薬を飲ませてからご飯をあげて、30分たってから
抗生物質を与えることになりました猫(怒)
果たして、吐かないのかなあ・・心配たらーっ(汗)

ちなみに、耳の腫れですが、やはり多少は痛みがあると思うということでした顔(泣)

早く良くなってね、アビたん猫(足)


DSCF8779.jpg
最近、構ってもらえないグレンです顔(汗)
ノンがエリザベスカラーをしたアビを追い掛け回すと、私が怒るので、
ノンはグレンを集中攻撃〜顔(イヒヒ)
迷惑がっているグレンなのでした猫(笑)
ニックネーム TOMO at 18:25| Comment(12) | TrackBack(0) | アビ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月09日

耳掃除してます!


DSCF9300.jpg    DSCF9319.jpg
病院から点耳薬と耳の洗浄液をもらって、毎晩、アビの耳掃除を
しています目 アビは年で胃が弱いので抗生物質くすり
飲ますことは出来ず、耳の洗浄だけの治療あせあせ(飛び散る汗)

そんなに手間ではないのですが、なんだか耳の状態も今ひとつダッシュ(走り出すさま)
なので、張り合いがないです顔(汗)
耳の中、以前よりも腫れていますよねたらーっ(汗) 
毎日、耳掃除しているのに毎回、汚れがあるし、やっぱり雑菌がつきやすい
耳なのかなあと思いますふらふら



DSCF9301.jpg
まずは、ノルバサンで浸した脱脂綿で耳の中をグリグリと拭きますGood 
この時は、アビもなんとなく気持ちよさそう〜わーい(嬉しい顔)
今日はMAKOにも手伝ってもらったのですが、ノンがアビにヤキモチを
焼いて、しつこくクンクンしてきてウルサイむかっ(怒り)
アビも、ノンに対して次第にイライラしてシャーっと威嚇してました顔(汗)


DSCF9305.jpg
次に、耳の更に奥深くを、ノルバサンに浸した綿棒でお掃除しますGood
これは、あまりアビも好きではないらしく、かなり嫌がってました顔(え〜ん)
顔を押さえつけてないと、すぐにブルブルと耳を振っちゃいそうたらーっ(汗)


DSCF9309.jpg   DSCF9315.jpg
最後に、点耳薬を悪いほうの耳の中に、5滴たらして、モミモミ〜目
これが、今までで一番嫌がります顔(なに〜)
油断していると、すぐに頭を振って逃げ出すんです爆弾
あ〜ああせあせ(飛び散る汗) もっと以前から耳掃除をマメにしてあげていれば
こんなことにならなかったのかしらたらーっ(汗)
皮膚が弱い子は耳の中も汚れやすいようです顔(泣)


DSCF9317.jpg
耳掃除が終わったアビさん猫(泣)
なんだか、耳のカタチ、いよいよ変形してきましたよねexclamation&question
外見だけの問題とはいえ顔(泣)、なんだか見るたびにチョイとブルーですもうやだ〜(悲しい顔)
抗生物質を使ってないから、治りが遅くて、更に膨れるのかしら・・がく〜(落胆した顔)
今後が怖い〜と思ってしまう私あせあせ(飛び散る汗)

とりあえず、今週の日曜日は一度経過を見せにまた病院へ行く予定Good
ニックネーム TOMO at 22:16| Comment(7) | TrackBack(0) | アビ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする