2008年02月07日

カイカイ


DSCF0253.jpg
いつものことながら、アビのカイカイがひどくなってエリザベスカラーをつけているのですが、治らずにすでに3ヶ月以上もたっていますバッド(下向き矢印)
最初は頭の上や首筋や背中を掻き崩したので、カラーをつけたのですが、そのカラーのストレスから今度は首を伸ばして舐めれる範囲を舐めまくり始めるのでしたむかっ(怒り)
そして、今は右の足首と付け根付近を「舐め」崩しておりますバッド(下向き矢印)

毎朝、血が吹き出ているので、患部を消毒してティッシュで拭いて〜あせあせ(飛び散る汗) もちろん潰れた耳掃除もして・・・。
それでも、治りません。カラーをつけているのに器用に舐めまくっています。血はソファや床などにテンテンとついて、それも拭く毎日。
新しいペット用ベッドや座布団はアビが座ると、一瞬にしてデロデロに汚れ・・・むかっ(怒り)、それにイラだつ私バッド(下向き矢印)
私もだんだん、キレてきて、「もう、どうなってもいいから、勝手にすればexclamation&questionどんっ(衝撃)ちっ(怒った顔)と怒鳴ったり、舐めている現場を見たら思わず体を叩いちゃったりして、なかなか優しくなれない状況になってしまうのです顔(汗)

ここ最近、寒いので眠る時間になると寝室に来ては「布団に入れてくださいニャー猫(泣)」とくるのですが、ノンとマリーは布団の中、グレンもたまに布団に入ってきている時でも、アビだけは「あっちへ行きなさいexclamation×2」と追い返す私あせあせ(飛び散る汗)
このデロデロ足じゃあ、布団に入れられません顔(え〜ん)
でも、可愛そうになって、一階のコタツのスイッチを入れて、その中に入らせてあげたら、ゴロゴロと喜んでおりました。

ああ・・・自己嫌悪顔(なに〜)




DSCF0255.jpg
足の舐め傷のアップです。だいぶ良くなってきて血も止まっているし、毛がところどころ生えてきました。
ひどいときは、一面が毛が抜けて肉色だったので、相当気持ち悪かったですふらふら
こういう傷が、アビの場合、いたるところに出来るんですよね。首筋だったり、頭の上だったりわき腹だったり。
カラーをしないで放っておくと、肉の部分を更に掻いたり舐めたりして、文字どおり皮膚に「穴」が空くのです顔(なに〜)
猫の場合、毛皮の下に真皮があるので、毛皮に穴が空いたとき、ある程度血が止まったら、穴の部分に指を入れることができるんですよ顔(なに〜) 

アビは数年前に一度、首筋に穴が空きました。そのとき、穴は当然縫ってカラーもしたんですけど、器用に何度も掻きまくって、布キレが破けるようにまた穴がほつれ、また縫って、またほつれを繰り返し、1回縫うごとにかかる費用も安くはない。。
医者に「申し訳ないけど、このままだと、この部分からばい菌が入って感染症になるから、手段がなくなります」と途方にくれたように言われました。
落ち込んで、家に連れて帰って、緊張状態で常に見張っているつもりなのに、私の目を盗んで首を掻き、せっかく縫い直してもらった傷がまたもやほつれたのを知ったときには、涙が出て宙に向かって叫び声をあげてしまいましたがく〜(落胆した顔) 
その時に「安楽死」を考えちゃったんですよね〜(-_-;) もう金銭的にも辛くて精神的にも疲弊しちゃってバッド(下向き矢印)顔(汗) いっぱいいっぱいになってしまって。。自分で決めて飼ったのに、ダメダメな飼い主まっしぐら状態でしたバッド(下向き矢印) とはいえ、考えただけで実際には実行するつもりにはならなかったけど、「死んでくれたらラクになる」と思ったのは確かです(-_-;)

でも、医者に「皮膚も何度も縫い直して損傷が激しいから、これが最後と思ってください」と宣告されて4回目に縫い直して、薬の種類を変えたら、なんとかふさがったんです顔(泣)
アビのためにも、自分のためにも、本当にホっとしたっけあせあせ(飛び散る汗)

だから、二度と「穴」が空くまでにならないよう、カイカイが始まったら、ストレスだろうけれどすぐにエリザベスカラーをつけてしまう私なのでした顔(え〜ん)



DSCF0256.jpg
ももの付け根あたりの新たな舐め傷です。
これは、いつものコトで、たいしたことないって思える傷ですねダッシュ(走り出すさま)



DSCF0263a.jpg
早く治ってくれ〜、アビさんよ顔(汗)


ニックネーム TOMO at 08:24| Comment(22) | TrackBack(0) | アビ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
アビちゃん・・・・・
カイカイの試練にお互いが耐えているんですね顔(泣)
画面に痛々しさが溢れていてビックリしましたたらーっ(汗)
先日ネット検索中に目にしたのですが〜
エリザベスカラーなんだけど普通のとは違っていて何だか空気を入れて膨らませる首の所だけの救命具のようなカラーを見ましたよ
動物への負担が軽いと何処かの国の獣医師がお勧めだって書いてありました。
ハッキリと分からなくてごめんなさい(^_^;)
カラーの問題だけでもないと思うけれど・・・
ももの付け根あたりの新たな舐め傷が、たいしたことがないって傷に思えるほどいつもは重症なんですね顔(汗)
アビちゃんもTOMOさんもストレスなく解消する方法があればいいのにね・・・
痛々しいアビちゃんには可哀想だけれど、布団に入れたくないって気持ちは私もよ〜く理解できるよ!
きっと!ううん必ず私も同じようにマウアネ達に言うと思うあせあせ(飛び散る汗)あせあせ(飛び散る汗)
Posted by アネラまま at 2008年02月07日 12:43
カラーの名前が分かりました
「ムーンカラー」だって
でもこれどうなのでしょうか?
猫って身体が柔らかいから舐めてしまうかな?
Posted by アネラまま at 2008年02月07日 12:51
うぅ〜〜〜もうやだ〜(悲しい顔)アビたんあせあせ(飛び散る汗)なんとかならないものかぁあせあせ(飛び散る汗)アビも可哀想だけど、TOMOさんも可哀想もうやだ〜(悲しい顔)
出勤前の忙しさに加え、傷の手当てと耳掃除・・・どんなに素晴らしい飼い主だって苛つくし、冷たくなっちゃうよ顔(泣)あまり自分を責めないでね。TOMOさんの愛情をアビだって感じてるよ揺れるハート
高齢でもあるし、皮膚の再生も抵抗力も落ちてるんだろうねたらーっ(汗)
エリザベスってストレスになっちゃうよね〜でもって、そのストレスでまた舐め壊しちゃうし・・・どうにかならないものかね猫(泣)この悪循環バッド(下向き矢印)
それにしても、猫の舌ってスゴイexclamation

今週末はTOMOさんもリフレッシュしてきてね〜ぴかぴか(新しい)
Posted by くろえび at 2008年02月07日 13:16
う〜ん。。。なんだか。。。
ここに書かれていることだけじゃなくて、長年に渡って積み重なったもっともっとたくさんのTOMOさんの想いがあるんだろうなぁと思うと泣けちゃいました(;_;)
きっとそれは、簡単に言うほど生易しいもんじゃなくてアビちゃんもTOMOさんも本当に大変だった思います。。今も続いているし。
自己嫌悪に陥って胸が痛んでしまうくらいじゃないと、アビちゃんがもっと可哀想ですよ。
何も感じない人のほうがよっぽど思いやりがないと思うけど。。。
こたつも入れてもらったしアビちゃんもきっとTOMOさんの優しさはわかっていると思いますよ^^*
大変だったこととか、苦労したこととかって、決してマイナスにはならないし、頑張ったぶん、すべてプラスに繋がっていると私は思っています(*^^*)
Posted by ゆっこ at 2008年02月07日 16:29
アネラままさん、こんにちは♪
エリザベスカラー、本当はつけたくないんですよね〜顔(汗) ストレスだし、猫トイレにも出入りが難しくなるし、アビの好きな猫タワーにもジャンプできなくなるからです。 ご飯もお水も食べづらくなりますからね〜(汗)
一年のうち、カラーをはずしている状態のときは、「奇跡的」にいい状態のときで、カラーつけているときのほうが長いんですね。で、カラーをはずしているときはアビも機嫌がいいし、私も素直にアビを可愛がれるし、布団にも入れられるし。
でも。。いまだに原因不明のカイカイが突如現れて、気づくと頭や首や背中付近に「うわっ!顔(え〜ん)」っていう状態の血だらけのカサブタになりかけのモノが複数テンテンと見つかるのです顔(泣)
しばらくは、そこを消毒したり固まる消毒スプレーしたり、薬を塗ったり・・。でもそうすると、ますます舐めたり掻いたりして、結局は、根負けして、カラーをつけるんですよね〜。
ムーンカラー知ってますよわーい(嬉しい顔) 調べてくれてありがとう! でも、そうなのです。あれは猫にとってはますます舐めやすいカラーですね顔(汗) もう12年もいろんなことを試してきているけど、処置ナシ状態顔(なに〜)
それでも、若いときよりはカイカイの頻度が少なくなってるのが救いです。以前はカラーを外すことは全くできませんでしたから〜^_^;
布団に入れたくない気持ち、わかってくれて嬉しいです、ありがとう〜♪
Posted by TOMO at 2008年02月07日 17:10
くろえびさん、こんにちは!
そうなのですよ、猫の舌って本当にザラザラして、凶器に近いですよね顔(汗) あの舌で力をこめて、手を撫でられるとホントに擦り傷が出来そうです顔(なに〜)
それで、一日中、ヒマさえあれば、気になるところを舐めているんだもん。傷もひろがりますよね〜あせあせ(飛び散る汗)
年をとって皮膚の再生や抵抗力も落ちているんだけど、活発さが落ちたおかげで、カイカイの頻度は若い頃よりもペースが落ちましたわーい(嬉しい顔) なんたって、カラーを外せるのが一時期とはいえ、あるんですから。
MAKOと出会ったときはカラー外せる状況には一年中なかったです。 それが年をとって、カラーを外せるのが数ヶ月続いたときには、MAKOと二人で「超、調子いいじゃん!!」と喜んでいました。 加齢もヨシアシですよね〜^_^;
この悪循環からは、12年間、逃れる方法を見つけることが出来なかったよお。病院も4件くらい行ったけどね。もちろんH先生にもね〜。
H先生は「食事療法するしかないかもなあ、最後は」って言って、「あ、その缶詰の食事療法1年半続けましたけど症状に変わりありませんでいた」って言ったら、
「ありゃ〜。それじゃダメだねえ」とH先生もサジを投げてましたよ^_^; 
カイカイって、原因らしい原因がないのが多いから、困ったもんなのです顔(汗)
それにしても、私がアビにイラつくことが多かったために、後から来たグレンがアビをバカにするようになったんですよね〜。
猫とはいえ、2匹を平等にってかなり難しいもんですよねえ顔(汗)
那須に行ったら、ゆっくり猫たちも出来るだろうし、アビも私にアピールするために掻いたりしないだろうから、調子が良くなるといいなあわーい(嬉しい顔)
Posted by TOMO at 2008年02月07日 17:17
ゆっこさん、こんにちは!
そうなのです。。。とかくアビに関しては、積もり積もった長年の複雑な気持ちが絡み合っていて・・・顔(汗)
一番最初に飼った子で一番長くそばにいるわけだし、それで、一番手がかかっている子で、一番イラつく子で、一番自己嫌悪に陥る子でもあり、一番不憫だと思っている子でもあり。。。
自分でも、アビに対する愛情がいったいどういうものなのか、どの程度なのかさっぱりわかりません顔(え〜ん) それは、アビが亡くなった時にわかるんじゃないか?って自分では思っています。
ぽっかり穴があいたように思うのか、「ホ」っとしてしまうのか。。。。
アビに対しては、可愛いという気持ちだけじゃなくて、時には憎しみに近い気持ちも一瞬ながら抱いたりしましたからねバッド(下向き矢印)
多分、自分の子供を虐待した母親が虐待した後で、死ぬほど辛くなって落ち込んでしまう気持ちと似ているんだと思いますバッド(下向き矢印) 本当は可愛がりたいんだけど、なかなかそれが難しいときがあるというか顔(泣)
アビの皮膚が調子いいときに、布団で一緒に寝て抱きしめてあげると、ものすごいおおきい音でゴロゴロとアビは喜ぶんですよ。愛情に飢えているんだなあ〜、掻いては私に「コラ!」と怒られてばかりだから、いつもビクビクしているんだな〜と思うと、かわいそうになります。

ほんと、いろいろ難しいですよね〜顔(汗) もう、アビに対するこういったお世話と葛藤が12年も続いているので、解放されたいという気持ちも持っているのも確か顔(汗) 長い間のこういう出来事で、アビと私の心の距離がお互い何か隔たりがあるのも事実で、グレンやノンと通じ合うものがあるのに比べると。。。顔(汗)
そんな気持ちを持ちつつも毎朝、アビの耳掃除と患部の消毒をする私。もう慣れっこになってしまいましたが、本当はもっと愛情からしてあげたいなあ〜と思ったりもします。
こんな経験もプラスになるのかなあ〜あせあせ(飛び散る汗) 自分の至らない冷たい部分を鏡で毎日見せられているようで、たまに、イヤいなったりしますよ〜顔(え〜ん)
だけど、辛抱強くはなりましたけどねGood 
ゆっこさん、勇気つけてくれてどうもありがとう〜わーい(嬉しい顔)
Posted by TOMO at 2008年02月07日 17:29
アビ、ひどい状態だね猫(怒)
きっと、痛痒いんだろうね。
チュロも皮膚が弱いけどここまでではないもんね顔(泣)
でもTOMOさんの気持ち分かるわぁぁ。
そしてそんな自分に自己嫌悪も分かる。
確かに客観的に見たら一人ベッドに入れないし、カラーだし胸が締め付けられる。
でも生活の中ではそう思ってばかりはいられないんだよねたらーっ(汗)
ステロイドの軟膏つけて、サポータのようなネットをかぶせるというのはダメ?
夜だけでもそうやってお布団で寝れるといいんだけど…
確かストレスでもひどくなるもんね。
しかし、色々ありながら長生きしてるアビはすごいね!強いんだよねGood
Posted by sachi-el at 2008年02月08日 20:19
わぁ〜、アビちゃん酷いですね。
見ていても辛いです顔(泣)
猫の舌って犬と違ってザラザラしているから舐めると酷くなっちゃいますものね。
こんなに酷くなっているのだから痒いのだろうなぁ。
TOMOさんが苛立つ気持ちわかります。
私もたまにレオがカイカイしていて掻き毟っているのを見たら怒ることありますよ。
そしてそれでもやめないときはそんなに痒いのなら掻きたいだけ掻けば〜って言っちゃいます顔(汗)
そして布団に入れたくない気持ち私もわかります。
アビちゃんには可哀想ですけどね。
カラーつけなくても良いくらいに早く良くなってくれると良いですね。
Posted by りか at 2008年02月08日 20:59
sachi-elさん、
わかってくれるぅ〜?猫(泣) 嬉しいわ。。やっぱり、限られた時間の中の世話で掃除もあるし仕事もあるし生活もあるし・・そうそう、「可愛そう」とばかり思っていられないところあるよね顔(なに〜)
ステロイド軟膏は持ってるんだけど・・全然効かないあせあせ(飛び散る汗)
しかも、サポーターしてっていうのが、アビのカイカイが始まった4ヶ月年齢のときにイの一番に思いついて、装着したのよあせあせ(飛び散る汗) 
それとか、自分でアビの足のサイズの靴下を苦手ながら自分で縫って履かせたりとか。。。とにかくいろんなことをしたけれど、アビは特に神経質で気になるみたいで、すぐに脱ぐし、脱げないといつまでもその周辺を舐めて脱がしたり、なかなか脱げないと、今度はサポーターのフチ付近の健康な皮膚を舐めて気を紛らわし、その皮膚が上の写真のようになっていくのであった。。。。顔(なに〜)
ほんと、もうお手上げってカンジでね〜。
結局はエリザベスカラーがまだマシになったの。
上の写真はほんと、「良くなってる状態」なんだよ〜顔(泣) だから、この写真を撮った瞬間からエリザベスカラーをとりました。シャンプーしてあげてね。
いつもは、もっともっとヒドイのです〜。血が滲むのではなく、皮膚から垂れて床に付く状態なの顔(汗)

でも、確かにmakoは
「アビはこんな調子でも長生きする気がするよ〜。しぶとそう」と良く言っています顔(イヒヒ) ちょっと複雑なイケナイ私です顔(え〜ん)
Posted by TOMO at 2008年02月08日 22:48
りかさん、こんにちは!
猫の舌って、ほんと、どうしてあんなにザラザラしているのでしょうね顔(なに〜) 爪も伸びるのが異常に早いし。。。
あまりに掻いて傷をつくって、血をたらしているので、真剣に、「爪の除去手術」を考えたことがあります顔(汗)
でも、先生に言い出せず・・そして費用も高いらしく・・・そして、爪のない猫ってどうなん?って気持ちもあり、結局できませんでしたが顔(え〜ん)
でも、カイカイ地獄から抜け出せるなら、「もーどうにでもして」って気持ちがあったのですよね〜当時は顔(汗)
レオくんがカイカイしているのを見ると、やっぱり怒ってしまうんですね。みんな同じなのかなあ。
でも、当時の数年前のひどい状態の時は私はキレると、手が出てしまうんですちっ(怒った顔) それはもう。。。バシーンとバッド(下向き矢印) そのあと決まって自己嫌悪で、恥ずかしながら声をあげて泣いたりしたこともありましたバッド(下向き矢印)
でも、世話をしていくうちに、我慢できるハードルがだんだんと高くなっていくんですよね。 今では、昔ほど怒らないで冷静にいられるようになりましたグッド(上向き矢印)
他のワンニャンたちに癒されているのもあるし、結婚して一人暮らしじゃなくなって愚痴れるようになったのもおおきいかな。
一年のうち良い状態が少しでも長いといいんですけどね〜顔(汗)
とりあえず、今週はカラーを取ってあげたら、ご機嫌なアビです。

でも今、足の状況を見たら、全然治っていなくて、しかも血が一箇所だけにじんでいましたがく〜(落胆した顔) まだカラーは戻したくないから、しばらく血をティッシュで拭きながら様子を見ようと思いますあせあせ(飛び散る汗)
Posted by TOMO at 2008年02月08日 22:55
ぎゃーーー!!!
すんごい事になってる!
ワンコも酷い子は凄まじいけど、ぬこは
更に穴まで開いちゃうんだ((((;゚Д゚)))

うちもカラー族だから、気持ちが痛いほどわかるよ。
掻いてるとやっぱり険悪ムードになっちゃうし…。
忙しい時は特にイライラしちゃう。

カラー外すのは夢だよね〜。
けどどう考えても無理。
酷い時なんて、腰と首にダブルで装着よw
知らない人には「カラーがストレスになってんじゃ…?」なんて
無責任な事を言われたりするけど、仕方ないんよね。
カラーしてても掻くぐらいだし…。
しかも最近は掻くと叱られるから、コソコソと
隠れて掻くようになった。
これが憎たらしいのw
手が届くトコロなら、首ねっこ捕まえちゃうんだけど
ケージの奥の方の 手が入らないトコロに逃げ込むように
なってから、私がいる時はケージは封印しちゃったw
もう掻くか止めるかのイタチゴッコ。
うちも原因らしい原因がわからない。
高〜い薬を飲んでるけど、パッとした効果はなし。
治療してんのに、なんか不毛なかんじ。
これからもイヤと言うほどず〜〜っと続くんだろうなぁ つД`)

舐めるのはどうにもならんけど、掻くのはソフトクロー
とか使ってみたらどうかな?
Posted by ゆかちん at 2008年02月13日 15:58
ゆかちん、
多分、カラー装着の気持ちは一番わかってくれると思うわ〜(-_-;)
我が家もアビのカイカイ全盛期は大カラーをつけて、小カラーを逆向きに更につけていたの。大カラーは首に向かって逆ハの字だけど、小カラーは体に向かってハの字につくってカンジ。
どうにもこうにも、動きづらそうで、ストレス大爆発していたよ。
だけど、そうでもしないと、あちこち届いちゃうんだよね〜(T_T)
あ、そうした上で、更に首にバンダナを巻いて毎日取り替えてた。 一日で、臭い膿がついてデロデロになるから(汗)

それに比べると、今は全然いいほうだよ。
掻き崩している部分はやっぱりベタベタするし、臭いけどね(^_^;)

同じく、「カラーがストレスになってんじゃ」って言われたことあるよ。珍しくブチキレたわ、私(笑)
そんなの百も承知だってね〜。
カイカイの原因は、コレってものがないのが多いから、薬を飲んでも処方食を食べても、直らない場合が多いんだよ。。
アビの長年の治療でそれがわかってるから(その間、金ばかりかかった(T_T))、ノンがちょっとばかしカイカイになったとき、病院で「処方食で・・」と言われたけど、無視したわ〜(^_^;)

これからもイヤってほど続くけど、年を取ったら若干、治まってくるよ。若干だけどね〜。

で、ソフトクロー、なかなか良いね^m^
一度試してもいいかもしんないなー!
これまた、つけるときは手間かかりそうだけどね(^_^;)
でも、アビのカイカイがひどかった昔にコレがあったら、即飛びついたシロモノだわひらめき
Posted by TOMO at 2008年02月13日 17:17

あーんもーーーチン子大爆発しちゃうよ!!!!!!
軽く呼びかけるだけで即 ハ メ出来るようになってから仕事中ムラムラしすぎて我慢出来ないんだよね(´;ω;`)
てかよく考えたら金には困んねーんだから仕事辞めりゃいいんかwww

http://zebu.iphone5.net/TsZPnw6/
Posted by どう見てもゴリラ at 2009年06月30日 10:58

最近はこれが流行ってるって聞いたので
試してみたのですが、凄いですね。。。

私もう45のオッサンなのに、若い子が私に夢中なんですよ!
あのキュッと締まったおマ.ンコの感触、忘れられません(笑)
Posted by ヒゲメタボ at 2009年12月30日 00:37

コウちゃんがこないだ教えてくれたやつ、ヒマつぶしにやってみたの!!!
パチ屋に行く金も無かったしな(^^;


ヤるだけで10マンて聞いてたけど、中にだしたら15マン貰えたわヽ(´▽`)ノ
その金で次の日に朝一からパチ屋行ったら大勝ちだしv( ̄ー ̄)v
Posted by 地蔵 at 2010年01月02日 06:32



ち○こ見せてあげたついでにボクのち○毛あげたら2万余分に貰えました。。
Posted by チリチリ at 2010年01月16日 09:19


俺のチン型使ってニューバ イ ブ作るって!!!
カズミちゃんは俺以上にオ ナヌー好きだから
次の鑑賞が待ち遠しい・・・(´・ω・o)
Posted by 海のくまさん at 2010年01月25日 11:01

騎 乗 位してもらうバ イ トおもろすぐるwwwwww
オレ動かなくても勝手にイって5万くれるし。。。

ちょっと試すだけのつもりだったのになぁ(^^;
Posted by 大岩井 at 2010年02月07日 17:30

ナプキンがどこまで液を吸収するのか実験してみたくて
ナプキンの上からマンクリ刺激して遊んでたんだが、、、、、、

2人とも潮 吹きすぎで、ナプキン全っっ然!役に立ってねぇwww




実験の結果、ナプキンの無駄遣いという結論になりますたw
Posted by 犬っころ at 2010年03月20日 16:57

あ"あ"あ"あ"ぁぁぁ!!これ!!!!!

ツレに教えてもらったんだがマジすげぇぇぇぇwwwうぇwwwww
手当たり次第にハメまくったら1週間で20万稼げたぞ!!!!

Posted by 森森広太郎 at 2010年04月07日 02:31

おいらのホ一ケイち●ぽでもけっこうヤれるジャン♪

みんなにカワイイとか言われちゃって、ペロペロしてもらってるよ☆

このペースなら月末までに40万は余裕だにゃ〜( ̄▽ ̄)ノ


Posted by きゅーとん at 2010年10月24日 16:51
この記事へのトラックバックURL
http://a-thera.com/tb/1284978
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック