2007年12月18日

作ってみた


DSCF9728.jpg

マリーがお腹の傷をペロペロと舐めて、皮膚が赤く擦りむけてきました顔(なに〜)
猫の舌ってザラザラしているから、血は出ていないものの、出る寸前ってところまできています顔(汗)

動物病院の先生は「四重に縫ってるから、たとえ表皮が少し開いたカンジになっても、絶対に大丈夫だから」と言っていたので、大丈夫だとは思うのですが・・・あせあせ(飛び散る汗)

だとしても、心配は心配ですよね顔(汗)

昨夜、包帯を巻きなおしてみたけれど、キツすぎる気がして、緩めたら、ずり落ちてしまうし、超難しい顔(え〜ん)
で、結局、今日会社から帰ってきて、写真のようなモノを作ってみましたパンチ
裁縫の苦手なこの私。頑張りましたよおGood(でも、縫い目は、有り得ないほどナナメってたり、幅もぐちゃぐちゃで、よじれて、大変なことになっています顔(なに〜)

私の古い厚手のストッキングの足の部分を筒状に切り取って、マリーの普段のお洋服に縫い合わせたんですひらめき 
伸縮性のある伸びるサポーターがわりになりました手(チョキ)
これで、舐めて傷つけることはできないよね顔(イヒヒ)

ニックネーム TOMO at 21:57| Comment(6) | TrackBack(0) | マリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こづの避妊手術を思い出した。
こづも包帯しててもマリーちゃんと同じ状態で意味無くて、すぐ取っちゃった。でもやっぱりペロペロなめて、5針縫ったのに糸が2本しか無くなってて、慌ててH先生に電話したわ(笑)やっぱり同じ事言ってた。皮膚を何重にも縫ってあるから一番上の傷口が開いても大丈夫って顔(汗)でもそんなこと言われても心配だよね〜。
包帯の代わりに、ヘアバンドしてるって子もいたよ。皆さんいろいろ考えるね。うちは結局抜糸まで放置してました顔(ペロッ)
そうそうあせあせ(飛び散る汗)昨日、こづの肛門腺がピンチになったのでH先生に行ってきたの。そんで、マリーちゃんのやり取りを改めて聞いてきたわ顔(イヒヒ)あの鉄格子の檻の説明も受けました(笑)「このネジをこうやって回すと幅が狭まって身動きができなくなるんですよ。」って「あんな強烈な猫は初めてだったよ」って言ってたよ(笑)
「これを使って注射しなかったらこっちがやられちゃうよ」って(爆)
家では温和しいって言っているけど、本当なの?と聞かれました顔(笑)本当におっかなかったんだね顔(ペロッ)
マリーちゃん、術後は順調みたいで良かったよかわいい
Posted by くろえび at 2007年12月19日 13:35
くろえびさん、
鉄格子の檻の説明を今聞いて、H先生、マリーに無事にワクチン接種が出来るだろうか・・って心配になったわ(-_-;) きっとマリーは今回の恐怖を覚えているだろうから、ものすごい抵抗しそう(-_-;) やっぱりMAKOに軍手を持っていってもらって、全員で押さえつけないと(汗)
それにしても、H先生ほどのキャリアがある人が「あんな強烈な猫が初めて」とか言うなんて〜(^_^;) ビックリ!
家の中では、グレンのほうがシャーシャーうるさいのにねえ。マリーは大人しいもんです。 ノンのガウガウが過ぎても全く怒らないしねえ〜(笑)
あ〜それにしても、ワクチンが心配!ワクチンのたびに、鉄格子の檻は使わないだろうしねえ(-_-;)

とにかく、他人様に対してのあの凶暴性を考えると、合同キャンプにはなかなかマリーはつれていけませんわ(^_^;) こうして、単独が多くなっちゃうんだよねえ(笑)
Posted by TOMO at 2007年12月19日 14:15
おおおぉぉぉ〜 TOMOさん頑張ったじゃん!!! これはすごいことだわっ!
普通のニャンコはこういうのがあると嫌がるだろうけどマリーちゃんは洋服に慣れてるからよかったね〜 ほらプリュも病気でカテーテル入れてるとき洋服着てたけどいざというときはストレスないからGoodだね。
そういえば、チュロも自己にて全抜糸しました顔(汗) 全然平気だったよ〜
しかしマリーちゃんこんなにかわいいのにねぇぇぇたらーっ(汗)
Posted by sachi-el at 2007年12月19日 18:35
すご〜い!!TOMOさん立派なもの作りましたね(*^o^)v
るんもペロペロなめていたので、ドデカスヌードで腹巻してたわ^m^でもあの時は私がゴールデンウィークで家にいれたからよかったけど、TOMOさんは仕事で留守中が気になりますね^^;;
せめて肉がくっつくまではペロペロは控えたいところですが、動物の傷の回復力は早いのでだいじょうぶですよね!
マリーちゃん・・・「鉄格子」とか「軍手」ってキーワードが出てくるほど強烈なのね(@_@;)
家ではこんなに可愛いのにねぇ〜。。。
これから病院行くたびにドキドキですね(^^;
Posted by ゆっこ at 2007年12月19日 21:41
sachi-elさん、
こちらにもコメントありがとう〜\(^o^)/
すごい頑張ったでしょ?私にしては顔(イヒヒ) 帰宅早々、縫い物だったよ〜あせあせ(飛び散る汗) 旦那の靴下さえ縫わない私なのに、マリーのサポーターは作る気満々だったわ(笑)
マリーは糸そのものにはあまり興味はないみたいなんだけど、やっぱりちょっと傷口周辺が気になるみたいで、毛を剃った部分の皮膚をザラザラ舌でしつこく舐めるのよ顔(汗) 糸が取れる心配はないんだけど、その周辺の健康だった皮膚が血が滲むくらい舌で舐め崩してしまってね〜あせあせ(飛び散る汗) ティッシュで押さえると血がついてたから、ヤバイと思ったの。まるでアビと一緒なのよ顔(汗) このままいくと皮膚の炎症っぽくなるから、お洋服作ってみましたGood
プリュもカテーテルのとき洋服着ていたね・・。でも、プリュも洋服に慣れていたからホント良かったよひらめき

マリーの凶暴な叫び声・・sachi-elさんは生で聞いたから知ってるよね顔(なに〜)
Posted by TOMO at 2007年12月19日 22:44
ゆっこさん、こんばんはわーい(嬉しい顔)
私もノンのスヌードを腹巻代わりに・・って思ったら、マリーにはスヌードはデカかったので、途方にくれてしまったのだあせあせ(飛び散る汗) で、ストッキングの登場〜グッド(上向き矢印) 最初はストッキングを筒状に切ったものだけ、首から腰まで着せてみたんだけど、動くうちに、どんどんストッキングが全部、腰付近だけに集約してしまって、結局、腹の縫い目が見えてしまったんだよね顔(汗)
で、お洋服とつなげることを思いついたのひらめき
そんでもって、縫ってあるお肉部分を舐めるというより、縫い目周辺の健康な皮膚を舐めて、血が出るっぽくしちゃうので、皮膚の炎症が起きちゃう〜顔(なに〜)とあせって、今回の処置をしてみました。 一度舐めグセがつくと、アビで知ってるけど、治りが遅くなっちゃうからね〜あせあせ(飛び散る汗)

ほんと、家ではマリーはすごく可愛いのに、緊張する状況下で(家の外、もしくは他人が近くにいる状況)、無理やり嫌がることをすると、耳をつんざく絶叫をするんだよ〜顔(なに〜) 周囲にいる人がみんな振り向くくらいがく〜(落胆した顔)
それにしても、長年通っている動物病院の先生が、「こんな強烈な子ははじめて」とまで言うなんて・・・顔(なに〜)
ほんと、ワクチンが今から怖いです(汗)
Posted by TOMO at 2007年12月19日 22:49
この記事へのトラックバックURL
http://a-thera.com/tb/1236953
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック