2008年02月26日

アビ強し

久々猫ブログ更新Good

でも・・。
今日から、コメントは頂かずに、だらだらと書いていくだけにしたいと思います〜あせあせ(飛び散る汗)わーい(嬉しい顔)
もしこのブログを見る機会がある方がいらしたら、ただただ読んでいって、楽しんでもらえればそれで嬉しいですハートたち(複数ハート)


DSCF0657.jpg
アビのガン見〜目



DSCF0659.jpg        DSCF0661.jpg
ふいっと視線をずらすマリー顔(イヒヒ)       伸び伸びアビClap



DSCF0664.jpg
両者、にらみ合い〜猫(怒) vs 猫(怒)



DSCF0662.jpg

やったれ、やったれ!



DSCF0674.jpg
でも、やっぱり年長者が勝つらしい顔(イヒヒ)
(これが、グレン相手だったらどうだったかな?



DSCF0676.jpg
勝者の権利か? 一匹でストーブのまん前を陣取るアビさん顔(笑)
それにしても、近すぎやしませんかあせあせ(飛び散る汗)
いくらなんでも熱いと思うのだけれど・・・顔(汗)



DSCF0677.jpg
結局、ストーブの前から追いやられたマリーはノンにくっついて暖を取ることにしたらしいです犬(笑)猫(笑)
ある日の夜の出来事でしたわーい(嬉しい顔)








ニックネーム TOMO at 16:11 | TrackBack(0) | 猫たち | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月07日

カイカイ


DSCF0253.jpg
いつものことながら、アビのカイカイがひどくなってエリザベスカラーをつけているのですが、治らずにすでに3ヶ月以上もたっていますバッド(下向き矢印)
最初は頭の上や首筋や背中を掻き崩したので、カラーをつけたのですが、そのカラーのストレスから今度は首を伸ばして舐めれる範囲を舐めまくり始めるのでしたむかっ(怒り)
そして、今は右の足首と付け根付近を「舐め」崩しておりますバッド(下向き矢印)

毎朝、血が吹き出ているので、患部を消毒してティッシュで拭いて〜あせあせ(飛び散る汗) もちろん潰れた耳掃除もして・・・。
それでも、治りません。カラーをつけているのに器用に舐めまくっています。血はソファや床などにテンテンとついて、それも拭く毎日。
新しいペット用ベッドや座布団はアビが座ると、一瞬にしてデロデロに汚れ・・・むかっ(怒り)、それにイラだつ私バッド(下向き矢印)
私もだんだん、キレてきて、「もう、どうなってもいいから、勝手にすればexclamation&questionどんっ(衝撃)ちっ(怒った顔)と怒鳴ったり、舐めている現場を見たら思わず体を叩いちゃったりして、なかなか優しくなれない状況になってしまうのです顔(汗)

ここ最近、寒いので眠る時間になると寝室に来ては「布団に入れてくださいニャー猫(泣)」とくるのですが、ノンとマリーは布団の中、グレンもたまに布団に入ってきている時でも、アビだけは「あっちへ行きなさいexclamation×2」と追い返す私あせあせ(飛び散る汗)
このデロデロ足じゃあ、布団に入れられません顔(え〜ん)
でも、可愛そうになって、一階のコタツのスイッチを入れて、その中に入らせてあげたら、ゴロゴロと喜んでおりました。

ああ・・・自己嫌悪顔(なに〜)




DSCF0255.jpg
足の舐め傷のアップです。だいぶ良くなってきて血も止まっているし、毛がところどころ生えてきました。
ひどいときは、一面が毛が抜けて肉色だったので、相当気持ち悪かったですふらふら
こういう傷が、アビの場合、いたるところに出来るんですよね。首筋だったり、頭の上だったりわき腹だったり。
カラーをしないで放っておくと、肉の部分を更に掻いたり舐めたりして、文字どおり皮膚に「穴」が空くのです顔(なに〜)
猫の場合、毛皮の下に真皮があるので、毛皮に穴が空いたとき、ある程度血が止まったら、穴の部分に指を入れることができるんですよ顔(なに〜) 

アビは数年前に一度、首筋に穴が空きました。そのとき、穴は当然縫ってカラーもしたんですけど、器用に何度も掻きまくって、布キレが破けるようにまた穴がほつれ、また縫って、またほつれを繰り返し、1回縫うごとにかかる費用も安くはない。。
医者に「申し訳ないけど、このままだと、この部分からばい菌が入って感染症になるから、手段がなくなります」と途方にくれたように言われました。
落ち込んで、家に連れて帰って、緊張状態で常に見張っているつもりなのに、私の目を盗んで首を掻き、せっかく縫い直してもらった傷がまたもやほつれたのを知ったときには、涙が出て宙に向かって叫び声をあげてしまいましたがく〜(落胆した顔) 
その時に「安楽死」を考えちゃったんですよね〜(-_-;) もう金銭的にも辛くて精神的にも疲弊しちゃってバッド(下向き矢印)顔(汗) いっぱいいっぱいになってしまって。。自分で決めて飼ったのに、ダメダメな飼い主まっしぐら状態でしたバッド(下向き矢印) とはいえ、考えただけで実際には実行するつもりにはならなかったけど、「死んでくれたらラクになる」と思ったのは確かです(-_-;)

でも、医者に「皮膚も何度も縫い直して損傷が激しいから、これが最後と思ってください」と宣告されて4回目に縫い直して、薬の種類を変えたら、なんとかふさがったんです顔(泣)
アビのためにも、自分のためにも、本当にホっとしたっけあせあせ(飛び散る汗)

だから、二度と「穴」が空くまでにならないよう、カイカイが始まったら、ストレスだろうけれどすぐにエリザベスカラーをつけてしまう私なのでした顔(え〜ん)



DSCF0256.jpg
ももの付け根あたりの新たな舐め傷です。
これは、いつものコトで、たいしたことないって思える傷ですねダッシュ(走り出すさま)



DSCF0263a.jpg
早く治ってくれ〜、アビさんよ顔(汗)


ニックネーム TOMO at 08:24| Comment(22) | TrackBack(0) | アビ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする